今月のおすすめ!アクアクララ♪

プレミアムウォーター7Lボトルレビュー!やはり軽かった!その他違いは?

プレミアムウォーター7Lボトルレビュー

プレミアムウォーターから、小型で軽量な7リットルのボトルが発売されました(*^^*)

今までは12Lのボトル1択だったので、女性や高齢の方には水のボトル交換が重い!というデメリットがありました。そこでこのデメリットを解決するために発売された7Lですが、実際にどのくらい取扱いに違いがあるのでしょう?

気になるな~でも、ウチは12Lだしな~なんて思っていたら、知人から、「ウチの会社で7Lのプレミアムウォーターを利用してるよ~」との情報が!

グッジョブ!というわけで、早速ちょっとお邪魔して、写真を撮らせてもらったり、感想を聞いてきました♪

そこで今回は、プレミアムウォーターの7Lボトルのレビューになります。

また、重さのレビュー以外にも、それぞれの特徴と価格や水の成分の違いなどもまとめています。

この記事を読めば、プレミアムウォーターの水を7Lにすれば良いのか、はたまた12Lが良いのか?もう迷わなくなりますよ^^

では、いってみましょう!

プレミアムウォーター7Lボトルと12Lの違いを画像で

まずは、7Lのボトルをセットしたプレミアムウォーターのサーバーの正面です。

サーバー正面

サーバーや上部のボトルケースは12Lのものと共通ですね^^
背面です。

サーバー背面

斜め上から。

サーバー背面を斜め上から

ボトルケース部分。

サーバー背面上部

セットした状態では、ぱっと見そんなに違いはわかりません。

そこで、並べてみました。左が7L、右が12Lです。並べると、やはり差がけっこうありますね。

プレミアムウォーターの7Lと12Lのボトル

女性の方に持っていただきました。まずは12Lのボトル。

12Lボトルを持つ女性

続いて7Lのボトルです。

持ち比べてみると、7Lボトルは随分軽く感じるようです。やはり5kgの差がありますので、当然ですね^^

7Lボトルを持つ女性

続いては、少し図々しくも、水のボトルを交換する様子も撮らせていただきましたよ~。軽さのメリットは、ほぼ交換の時に感じるものですからね。

S様、ありがとうございます!

7リットルの水ボトルの交換の様子

交換方法は、7Lとは言え12Lのボトルと同じです。まずは、ボトルケースを外します。

サーバーボトルケースアップ

ケースを外しました。空になったボトルはペットボトルとしてリサイクル、又は処分します。

ボトル交換1

新しいボトルは、ボトルキャップのシールを外したら、持ち上げて・・・

キャップを下向きにサーバー本体に指すだけです。

ボトル交換3

12Lのボトルは、なかなかの力が必要ですが、こちらのボトルは交換も楽、とのことです(*^^*)

ボトル交換4

しっかり差し込みます。

ボトル交換5

セット完了です♪

あとはボトルケースを被せるだけ。軽くてとても簡単ですね。

ボトル交換6

以上、簡単すぎる(笑)ボトル交換でした!

プレミアムウォーターバナー300_300

さて、7Lの水のボトルは小型で扱いは楽なことはわかりました。続いては、気になる価格面の違いです。

7Lと12Lボトルの価格比較!

価格は、7Lと12Lのそれぞれの1ボトルの税込み価格と、500mlあたりに換算した価格です。

 7Lボトル12Lボトル
価格(税込)1,771円1,987円
500mlあたりの価格(税込)127円83円
※両方とも、PREMIUM3年パック利用時の価格で比較

7リットルのボトルは小さくて取扱いが楽な分、割高になっていますね。

むむ~なかなかの価格差があるので、迷いますね・・・

重いけど安価な12L VS 軽いけど割高な7L

です。

どちらが良いか判断する前に、その他の違いもありますので、次ではこのお水の成分を見てみましょう。

7Lと12Lボトルの水の成分比較!

ウォーターサーバーなので、何と言っても水が命です。もちろん7Lだからと言って手抜きはありません。採水地は両方とも、富士吉田の美味しいお水です(*^^*)

お水を注ぐ

成分は少し違いがあるので、比較してみます。

プレミアムウォーター7Lと12Lボトルの比較!水の成分100mlあたり

 7Lボトル12Lボトル
ナトリウム0.61mg0.68mg
カルシウム1.10mg0.64mg
マグネシウム0.44mg0.22mg
カリウム0.15mg0.12mg

プレミアムウォーター7Lと12Lボトルの比較!その他ミネラル1000mlあたり

 7Lボトル12Lボトル
バナジウム64μg91μg
亜鉛5μg10μg
硬度46mg25mg
溶存酸素8.7mg8.2mg
pH値7.7(弱アルカリ性)8.3(弱アルカリ性)

どちらも弱アルカリ性の軟水で、まろやかで大変飲みやすいお水です。

ちなみに飲み比べてみた感じも、私には違いはわかりませんでした(^^;

プレミアムウォーターバナー300_300

続いては、特徴をまとめてみます。

7Lと12Lボトルの特徴比較!

まずは、7Lから。

7Lの場合
  • 交換が楽
    小型で約7kgという軽さ
  • 価格が高くなる
  • プランは基本プランはなしで、PREMIUM3年パックのみ
  • 沖縄への配達はなし
  • 配達周期は1週から3週まで(4週の定期配達はない)
    4週はないものの、普通は2週毎の配達が楽だと思います。

このような感じになっています。次は12L。

12Lの場合

それでは、7Lと12L、どちらが良いのでしょうか?

さいごに:7L VS 12Lはどちらが良い?

ズバリ、私は価格差から12Lのボトルが良いと思います。

なぜなら、プレミアムウォーターの良さは価格です。節電サーバーで天然水、サーバーレンタル料が無料のウォーターサーバーで、1番安いのです。

水の美味しさは互角、その他細かい違いはあるものの、大きくはやはり重さと価格の違いなんですよね。

  • 重くても安い12L
  • 軽くても割高な7L

オススメするならやはり12L!という結果になりました。

プレミアムウォーター公式ページはこちら。

プレミアムウォーターバナー300_300

以前に詳細に丁寧に(笑)紹介したページはこちら!

スリムサーバー3正面
プレミアムウォーターの評価は?使ってみたメリットとデメリット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です