楽天スーパーポイント5,000ポイントプレゼント!アクアクララ♪

ワンウェイボトルとリターナブルボトルの違いは?

水のボトルを持つ男性

ウォーターサーバーのボトルには、次の2種類があります。

  • ワンウェイボトル=使い捨てるタイプ(PET素材でつぶせる)
  • リターナブルボトル=交換するタイプ(丈夫な樹脂タイプ)

ワンウェイボトルもリターナブルボトルも、どちらも良いところとそうでないところがあります。

今回は、ワンウェイボトルとリターナブルボトルの違いについて、ご紹介しますね。

ワンウェイボトルとは?使い捨て可能

ワンウェイボトルをつぶす

ワンウェイボトルは使い捨てるタイプで、お水がなくなったら、クシャッと潰してごみとして捨てることができます。上の写真の水の出る部分(青い部分)と持ち手のテーブ部分を取り外し、ペットボトルのゴミの日にリサイクルとして出す※ことも可能です。

注意
※お住まいの自治体により変わることがあります。

質感は普通のペットボトル容器です。少し、いろはすのような柔らかめのペットボトルに似ているでしょうか。

ワンウェイボトルのメリット・デメリット

それでは、ワンウェイボトルのメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

ワンウェイボトルのメリット
  • 常に新品の容器で水が届くので衛生的
  • 使い終わったボトルをゴミとして手軽に処分できる
    (リサイクルとして出すことも可能)
  • ボトルが軽い
  • 空ボトルを保管しておく場所がいらない

デメリットはあまりありませんが、強いてあげるなら、何度も使い回せるリターナブルボトルよりはエコではない点でしょうか。

最近はワンウェイボトルが増えてきていますね。

リターナブルボトルとは?何度も再利用が可能

retbotole

リターナブルボトルは水を全て使い終わっても捨てずに保管しておき、新しいお水を届けにきた業者さんに、空ボトルを渡します。

素材は何度も再利用するため、しっかりとした固い樹脂製です。ウォーターサーバーでよく見かけるボトルですね。以前は多くのウォーターサーバーがリターナブルボトルでした。

再利用するとはいえ、工場で丁寧に洗浄・殺菌の上、検査されていますので、衛生面では全く問題ありません。

リターナブルボトルのメリット・デメリット

リターナブルボトルのメリットには、どんなものがあるのでしょうか?

リターナブルボトルのメリット
  • 再利用が可能なのでエコで環境に優しい
  • 丁寧に洗浄・殺菌されているので衛生的
  • ボトルがしっかりしているので持ちやすい

交換するリターナブルボトルですと、ゴミが増えませんのでエコであり、環境に優しいですね^^
さらに交換・再利用するといっても、丁寧に洗浄・殺菌が行われていますから、不衛生なことはありませんので安心です。

そんなリターナルボトルのデメリットは、空ボトルの置き場所が必要という部分でしょうか。12リットルボトルですと、それなりの大きさがあるので、場所は確保しておいた方が良いでしょう。

また、ワンウェイボトルですと、12リットルタイプもあれば7リットルタイプもありますが、リターナルボトルの場合は、多くが12リットルタイプとなりますので、セットする時に重たい、ということも考えておいた方が良いでしょう。
(もちろんワンウェイボトルでも、12リットルタイプなら同様です)

ワンウェイボトルとリターナブルボトルどちらが良い?

基本的に、ボトルがワンウェイかリターナブルかでウォーターサーバーを選ぶことはないと思います。
他に、サーバー機能・デザイン・価格などで考慮、検討されると思いますので。

ただ、それではこの記事の意味も薄れます(笑)
ですので、ボトルの形状でウォーターサーバーを選択するとしたら、気になる点は次の1点です。

MEMO
水の空いたボトルを保管しておくスペースがあるか?

スペースが確保できるなら問題ないですが、お気を付けくださいね^^

以上、ワンウェイボトルとリターナブルボトルの違いでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です