今月のおすすめ!アクアクララ♪

軟水と硬水の違いは?硬度の違いが味を変える!

軟水と硬水の違い図

水は、硬度(こうど)により大きく2つに分類できます。
それが軟水(なんすい)と硬水(こうすい)です。

聞いたこと、ありますよね^^

今回は、実際に軟水と硬水では、どんな違いがあるのか、見ていきましょう。

まず、軟水と硬水とを分ける硬度です。硬度とは、カルシウムとマグネシウムの含有量により決まります。

  • 軟水:カルシウムとマグネシウムの量が少ない=硬度が低い
  • 硬水:カルシウムとマグネシウムの量が多い=硬度が高い

WHO(世界保健機関)の定義では

WHO(世界保健機関)では、次のように定義されています。2種類に分かれていて、ざっくりとわかりやすいですね^^

この記事の先頭の図も、このWHOの分け方で作成しました。

  • 軟水:硬度が120mg/L未満
  • 硬水:硬度が120mg/L以上

一般的な日本での分類では

日本では、軟水と硬水の間に中軟水と呼ばれる中間の水をいれて3種類とする場合があり、次のように分類されています。

水の種類硬度飲み口
軟水100mg/L以下柔らかい・まろやか
中硬水100mg/L~300mg/L以下普通
硬水300mg/L以上しっかり・重い感じ
軟水が美味しいと耳にするのは、まろやかさや柔らかさのおかげなんでしょうね(#^.^#)

日本の水は軟水と硬水どちら?

日本では、8割以上が軟水といわれています。ヨーロッパでは、多くが硬水といわれています。

なぜ違いがあるのかというと、日本は国土面積が小さく火山性の地層が多いため、ミネラル分があまりたくさん水に溶け込みません。

逆にヨーロッパは、面積が大きく石灰質の地層が多いため、地下水もゆっくり流れ、その間にミネラルがたくさん含まれていきます。

MEMO
地形や地層、国土面積が影響しています

軟水の特徴は?

軟水は、飲み口がまろやかで優しいだけでなく、体への吸収もスムーズで、素早いという特徴があります。そのため、赤ちゃんやお年寄り、スポーツ時の水分補給にも適しています。

また、結石などが気になる方も、硬水より軟水の方が良いとされています。

硬水の特徴は?

硬水は、しっかりした印象の味であるため、和食やお茶を作る場合にはあまり適しません。

マグネシウムは、下剤にもなる成分のため、お腹がゆるくなりやすいという特徴もあります。それを逆手にとり、便秘がちな人は水を変える事で、便秘が改善されることもあるようです(◎o◎)!

それでは軟水と硬水どちらがいいの?

上記の理由から、日本人には長年の付き合いである、軟水がおすすめです(^O^)/

ちなみに当サイトでおすすめしているお水はすべて、軟水です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です